爪白癬(つめはくせん)症


爪白癬(つめはくせん)症(1)

 水虫の原因となる白癬(はくせん)菌が、爪に侵入した場合、爪白癬(つめはくせん)症となります。ぬり薬は、爪に浸透しにくいため、飲み薬が効果的です。

パルス療法

 当院では、爪白癬症(爪水虫)の方に、以下のようなパルス療法をお勧めします。


爪白癬(つめはくせん)症(2)

 実際の服用期間は、合計21日間ですが、お薬を休んでいる間やお薬を飲み終わった後も、お薬は爪の中にとどまり、効果が持続します。症状によって異なりますが、お薬を服用し始めてから、早い人で2〜3ヵ月から、効果が表われます。健康な爪に生え替わるのに、約1年かかりますので、3ヶ月目のお薬を飲み終えて約3ヵ月後に、爪の状態をチェックしに来院下さい。


水虫ちゃんねるへリンク