ピロリ菌の有無


ヘリコバクター・ピロリってなんですか?

 ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は,2〜5ミクロンの大きさの細菌で、胃の中に生息しています。この菌は強い酵素(ウレアーゼ)を生み出しますが、これがアンモニアをつくってヒトの胃の酸を中和するため、この菌は胃の中でも生きていけるのです。
 我が国のピロリ菌感染率は年代により分かれ、若年者では10〜40%で、40歳以上(中高年)では60〜80%以上といわれています。
 感染経路は、経口感染が主なものといわれ、衛生状態の悪い環境で成長した中高年の感染率と一致しますが、はっきりしたデータはありません。

ピロリ菌

感染の診断方法

 当院では、下記のような方法で検査を行います。

内視鏡を必要とする検査
内視鏡を必要としない検査
血液検査

血液検査でできる 胃がんリスク検診 —ABC検診—

ABC検診とは、胃粘膜萎縮(老化)マーカーのペプシノゲン検査と胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主な原因と考えられているヘリコバクター・ピロリ抗体を組み合わせて、胃の健康度をA、B、C、Dで分類するものです。

ABCD分類と判定方法

治療方法

治療方法

 ピロリ菌感染による胃・十二指腸瘍の治療は、第一に菌そのものを除去する方法が選ばれます。除菌治療は、3種類の薬を1日2回、7日間続けて飲むことで行います。